身元調査と婚活

結婚や就職など、故人が信用できる人物であるかどうかを確認したいときに行われる調査が身元調査です。身元調査では個人の経歴や資産状況、周囲からの評判などについて調査が行われます。より詳しく調べるときは出征にまつわる情報などが調べられることもあり、過去の情報にまでさかのぼって徹底した調査を行うことになります。

身元調査の依頼が探偵のもとに寄せられる場合、結婚前の身元確認や仕事で採用しても問題のない人物かを確認する目的がほとんどです。中には全く関係の内相手に対する調査依頼が寄せられることもありますが、ほとんどの場合は調査対象者と顔見知りや関係者からの依頼です。

結婚前の身元調査の場合、今までは婚約者の親や家族から調査依頼が出されることが多かったのですが、最近増えているのが結婚相談書や婚活パーティーで知り合った異性に対する調査依頼です。結婚相談書などでは入会の際に身元確認を義務づけていることが多いのですが、仮にウソの経歴を提出したとしても相談所が徹底的な調査を行うことはほとんどなく、自己申告で済んでしまうのが現状です。結婚相談書で出会った相手に対する結婚詐欺などの犯罪も増えており、結婚を前提に付き合ってもいい人物かどうかの確認のために身元調査を依頼する人が増加しています。このケースでは、結婚相談書側が協力的な態度をとってくれるかどうかで調査の難易度は大きく変わります。会員の安全や信頼を重視している結婚相談書なら、探偵の身元調査にも協力的な態度を示してくれるでしょう。しかし、個人情報保護を重視する結婚相談書であれば、探偵の調査に協力は望めません。その場合は限られた手がかりをもとに探偵が身元調査を行うことになりますから、それだけ調査にかかる費用も時間も増えてしまいます。

結婚前の身元調査について

結婚前の調査でも就職前の調査でも、依頼人が特に気にするのが犯罪歴です。犯罪歴のある人物をそうと知らずに採用してしまうと会社の信用にも大きくかかわる問題になりますし、結婚相手が犯罪歴を隠している場合は大切な子どもを結婚させたくないと考えるのが自然な親の心理です。前科を調べるのは法律的な制度からは難しいのですが、過去の新聞記事を調べたり関係者に聞き込みをすれば調べるのはそう難しいことではありません。前科の有無を本人に直接確かめるのはなかなか大変ですから、本人にばれずに前科や前歴を調べるために探偵に依頼することが一般的です。

身元調査を本人にばれずに行うためには、非常に地道な調査が求められます。聞き込み調査後もしっかりと口止めをしておかないと本人に調査の事実がばれてしまいますから、十分に注意しながらの調査が求められます。

このページの先頭へ